すそワキガは移らないのに元カレに酷い事を言われた。

すそワキガは移らないのに元カレに酷い事を言われた。
私には過去に臭いに敏感な彼氏がいました。
食事に行った時も必ず臭い嗅いでから食べるような人でした。
なんでもすぐ臭い嗅ぐので嫌気もさしてました。
そんな彼が初めて家に来て、初めての性行為が始まろうとした時事件は起こりました。
案の定私の身体中の臭いを嗅いでチェックしはじめて、突然鼻をつまみ激しく後退りしたと同時に声を張り上げ『くせ〜なバカ?うつるから向こう行けよ』といい放ち帰ってしまいました。音信不通にもなりました。
臭いと言われた原因を探り、下着の臭いを嗅いでみたらチーズのような激しいアンモニア臭がして驚きました。
むしろ風呂は大好きなので『なんで?』と思うしかありませんでした。
調べたら『すそワキガ』だったようです。
彼に『うつるから』とも言われたので更に詳しく調べたら、陰部は蒸れてしまったり悪臭がしやすい場所で臭いを発してしまう人もいるのですが、うつらないと言われていますと書いており安心しました。
あくまでも体質によるもので感染することはないようです。
私は色々ボディーソープやクリーム試しましたが効果はなくて『ふろぷりーボディソープ』というもので、やっと効果を得られました。
デリケートゾーン専用の石鹸でアンモニア臭とわきが臭に効果的な石鹸です。
クリニックも考えましたが、値段が高いし再発の可能性高いようなんでボディーソープで効果を得られて良かったです。
すそわきがを解消し、今は新しい彼ともうまくいってます。

男性も少しは紫外線に気をつけるべきなのかな

紫外線はお肌によくないことはすでに世に知れ渡っている事実ですね。
最近ではUVカットのファンデーションが主流になってきて、夏の季節以外でも日焼け止めを塗るのが美容に欠かせなくなりました。
女性は日差しに敏感ですが、男性にはあまりそこまで気にして欲しくないというのも女性目線としてはあります。
日差しを気にしている男性ってちょっと頼りないような、偏見以外の何者でもありませんが、許されるのはモデル並みのイケメンくらいかなーなんて思っています。
ちょっと黒いくらいの男性の方が男らしくていいと思ったりします。

驚いている女性ですが最近友人が結婚してその旦那さんを紹介してもらったときのことです。
彼は気さくでカラッとしている本当に人に好かれそうなお人柄だったのですが、なんだか顔の右側だけやけにしわしわというかしみが多いというか、なんかひだりほっぺだけ焼けてませんか?って質問したらなんと彼、トラックの運転手で右ハンドルなので右側だけ日に当たるんだとか。
なるほどと凄く納得したのですが、よく見ると本当に左右の肌の状態が全然違う。
パッと見た感じは全くわからないのですが、正直な感想、左は老ける前の肌、右は一足早く老けてしまった肌、と言った感じでした。
なんだか日差しが本当に肌の美容にとって良くない影響があるんだと良く分かる見本のようなお肌でした。
もちろん妻である友人はすでにそれに気づいており、最近ではあまり肌を焼かないほうがいいといってはいるが旦那さんも気にしたことが無いためつい忘れてしまうんだとか。

お顔のたるみは、頭皮の弛みとも関係があり、頭皮をいたわることが大切となります。

悲しむ女性お顔にたるみなど感じる場合、気になるものです。

特に女性など、年齢より若く見られることは嬉しく思います。

シワやシミなどのないお肌でいたいものです。

「顔にたるみ」などできる場合などは、「頭皮も弛んでいる」のです。

頭皮と顔とは一枚で繋がっていますから、頭皮に良い刺激を与えるケアは、顔へのケアとなります。

そのためには十分な洗髪が必要となりますが。髪だけではなく頭にも気を配りながらのシャンプーの方法をとりたいものです。

「シャンプー前のブラッシング」は、汚れを浮かせた状態となる為お薦めします。

最近はブラッシングする方が、以前と比べても少ない傾向があるのではないでしょうか。

 

顔の皮膚をより美しくしたいためにも、頭皮の毛穴の汚れをブラッシングする事が必要となります。

毛穴の広がりがなくなる為、弛んだ皮膚への引き締まり効果があるのです。

また「頭皮へのマッサージ」は、頭皮の血行がよくなる事で、リンパの流れがよくなります。

指のはらで髪の生え際から頭頂部へと、良い刺激を与えるためにはもみほぐす様に行います。

後頭部より頭頂部の方が堅いのですが、両手で2つの部分が同じ位に動くように柔らかくマッサージを行う事をお薦めします。

この様な頭皮へのマッサージは、一日の中でもお風呂あがりや入浴中に効果が一番でるのです。

頭皮やお顔など、温かくしておいてのマッサージは効果がでるものです。

首辺りの保温で、頭皮や顔へのマッサージ効果は多くなるのです。

お顔の肌をより美しく保つにも、頭皮の毛穴の汚れ取りとマッサージとを一日の習慣とする事がよいのです。

やはり女性は、お顔と髪をいつまでも美しくと願うものです。

頭皮とお顔の肌を守るためには、睡眠不足や目の疲れなどは悪い環境となります。

若々しい顔になるために

20121219164915-6顔を若く保つ美容法として、顔面を動かす体操を取り入れています。

運動することが嫌いでも顔くらいは動かすことができますし、お金もかからないので手軽な美容法だと思います。

ただやっているときの顔は誰にも見せることができません。

ものすごくブサイクだなと感じるからです。

顔を伸ばしたり、縮めたり、中心に寄せたり、広げたりする体操をしています。

1ヵ月前の写真と比べてみたのですが、ほうれい線が薄くなり、口角が上がっていました。

チークを入れる位置も変わってきたので、それなりに効果はあったと思います。

テレビを見ながら、家事をしながら、髪の毛を乾かしながら、という感じでやるのでストレスがありません。

1日15分やるようにしてはいますが、きっちり計ってはいませんし、それが長続きのコツだと思います。

接客業の方にいつまでも若々しい方が多いのでは、笑顔でいることが多いからだと思います。

もちろん人に見られているという緊張感も美容には良い影響を与えているのだと思います。

笑顔は、頬や口周りの筋肉を使うことになるので、1番年齢が出やすい場所を鍛えることができると思います。

顔の体操なんて面倒だと思う方は、何も面白いことがなくても笑顔でいるようにすると良いと思います。

スマホやパソコンを使っているときは特に眉間にシワが寄ってしまっていたり、表情がずっと同じままになってしまったりしているので、そういったときこそ笑顔を意識すると良いと思います。