ニキビ予防の為の洗顔について

07ニキビ予防には洗顔がとても効果的です。
不衛生な肌はニキビ肌には特にNGですし、しっかり洗顔をして汚れを落としてあげないと、化粧水や美容液の浸透も悪くなり乾燥してしまいます。
ただし洗いすぎも肌に負担をかけますので、1日に2回以上はしないでください。
顔を洗いすぎると肌のバリア機能が崩壊し、皮脂やセラミド等の保湿成分が不足し乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥した肌はうるおいを取り戻そうと過剰な皮脂を分泌。結果その皮脂が毛穴に詰まって二キビの原因となってしまうのです。
夜、メイクしたままつい寝ちゃった…ということもありがちですが、これもニキビには絶対NG!!メイク汚れはしっかりクレンジングと洗顔で落としてあげないと、さらにニキビの原因になることもあります。

また、朝も洗顔フォームでしっかり洗う、という方は多いかもしれませんが、これは普通肌やオイリー肌の方はいいのですが、敏感肌や乾燥肌の方の場合はぬるま湯のみで洗うほうがおススメです(この際熱いお湯で洗っては絶対に駄目です。顔に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます)。
なぜかというと、もともと乾燥肌の人が洗顔フォームでしっかり洗ってしまうと、少ない顔の油脂を必要以上にとってしまう恐れがあるからです。前述したとおりニキビの原因は乾燥が大きいので、正しい洗顔を行ったあと保湿をしっかりすることで、ニキビ予防につながりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です