肌の手触りの悪さやくすみの犯人はムダ毛

07肌がくすんでたり、手触りがいまいち悪くて肌に自信が持てないといった人は多いですが、肌触りの悪さや肌のトーンの暗さの原因は、ムダ毛ということは結構ありがちです。

ムダ毛があるとどうしてもメラニン色素や毛の色のせいで、肌がどんよりした印象になりがちです。

毛を剃ってあげてシェービングをしたり、ムダ毛を無くすだけで、一気に肌色が明るくなってくれたり、肌の手触りが吸い付くようになめらかになるということは多いです。

私は結婚式をするにあたって、ムダ毛が濃いので挙式の前には丁寧に脱毛をしたことがあるのですが、自分の肌とは思えないくらいスベスベで陶器のようななめらかな肌になり、感動したことがあります。

背中や腰などのムダ毛は、自分では剃ろうとしても手が届かないですし何より見えないのでどうしても普段は剃ることがないのですが、ムダ毛がなくなるだけで驚くほど肌が綺麗になり、驚きました。

垢抜けたり、女性らしく洗練された状態になるためにも、ムダ毛の手入れは必須だと思いました。

最近はボディだけでなく、歳を重ねたせいなのか顔のムダ毛が気になり始めて悩んでいます。

顔は服では隠せない箇所なので、脚や脇と違い、365日常にムダ毛の処理が怠れないパーツでもあるので、脱毛しようかなと考えている所です。

顔のムダ毛が濃いとファンデーションのノリも悪くなるので化粧ノリにも悪影響が出てしまいますし、美白ケアを頑張っても肌がくすんで冴えない印象になるので、本当に顔のムダ毛が憎いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です